今週末の「不要不急の外出自粛要請」が首都圏で出された。

首都圏以外にも外出自粛要請を出したところがあるし、「東京への移動自粛」を言ってるところもある。
※東京都は4月12日まで毎週末(3月27日現在)。


でも、以前からも不要不急の外出は避けるように言われていた。

「不要不急」っていうのは、生活するのに最低限の外出だと思う。スーパーや病院に行ったり、仕事に行ったり……。
遊びで出歩くことではないと思う。人が少ない公園とか開けた場所をウォーキングするくらいならいいと思うけど、閉鎖的な空間は怖い。

なのに行くんだね、海外旅行。しかも、ヨーロッパ。
日本より状況の悪い地域に行くとか意味分からない。感染して帰って来るんだもの。

旅行は新型コロナウイルス感染が拡大する前から決まってたことなのか知らないけど、キャンセルしようとは思わなかったのかな。


チャーター機で帰国した人たちや、クルーズ船の人たちを隔離しても、中国が日本への団体旅行を禁止してくれても、いろんな国から個人で入国してくる人たちはいたわけで。

日本は様子を見ながら段階的に対応するしかないし、要請しかできないみたいなので仕方ないけど、早い段階で「鎖国」できる国ならどうだったかなとは思う。経済的なことが怖いけど。

握手やハグの習慣がないから、ヨーロッパみたいにはなってないのかな。

嗅覚や味覚に障害が出た感染者もいるみたい。


家族がもらってこないか心配。私はスーパーにしか行かないけど、親は病院に行かなきゃいけないから。

延期できるものは延期してるみたいだけど、年齢的にもあちこちにいろいろあって、健康体とは言えないし。

怖い。考えると不安になって、胸がざわつくので考えないようにしなくては。



この状況で旅行に行ける人は、どういう思考をしてるのかな。
まぁ、何事も受け止め方は人それぞれ違うけど、怖くなかったのかな。楽しめなさそう。

災害のときに「自分は大丈夫」と思う「正常性バイアス」というやつなのかな。




ではまた、次の記事で。




朝起きたときの口の中は細菌だらけで一番汚ないらしい。
朝ごはん前の歯みがきも大事だと思うなぁ。少しはマシでしょ。