※検索で来てくれた方へ。
カビが生えたカレーの「処分方法」は書いてないので、すぐに引き返して改めて検索してください。


楽しみにしてた「チョコレート効果 カカオ95%」入りのカレーライス。
チョコは4枚入れた。苦いチョコ、結構食べてて残ってたのはそれだけ。



4枚入れただけで、いつもより色が黒く変わった。香りもよかった。たぶん。


でも、一晩置いちゃった。常温で!

なんてバカなんだ。

いつもは作った日に食べるけど、一晩寝かせたカレーはおいしいと思って今回は前日に作った。




カレーや煮物を作るときは、「シャトルシェフ」っていう保温調理器を使ってる。



具材を炒めたあと、カレールーが溶けたら調理鍋を保温容器の中に入れる。
それで夜には煮込んだ状態になる。電気もいらない。



電気で保温してるわけじゃないから、高温のままじゃなくて徐々に内部温度は低くなっていく。
昨日は気温も高かった。

それに、ウェルシュ菌のこと聞いたことあっても危機感が薄かった。

カレーを食べたあとは冷蔵庫で保存するんだけど、今回は忘れたよ。
食べてないから、まだ「調理中」な気持ちだった。

いつもと違うことするから、こんなことになってしまった。




翌朝、温めようと鍋のフタを取ったら、なんだか白いところが……

油分が固まってると思いたいけど、木べらで表面(白いところ)を触わったら糸引いた。

ルーのとろみじゃない。カレーなのに納豆みたい。

ダメだ、アウトだ。一晩寝かせて毒を作ってしまった。

ひとくちも食べてない。
味見なんかしてないよ。だって、カレーがまずくなることなんてないもん。

カカオ95%のチョコ入りカレー、食べたかったなぁ。
ナスも入ってたのに残念。絶対においしかったはず。


加熱しても死なないウェルシュ菌、怖い。
残ったカレー、鍋のまま冷蔵庫に入れてたけど、それも危ないみたい。


食べ物を捨てるって憂うつだ。
ごめんなさい。




写真、下に載せとくわ。
見たくない人は見ないでね。そこまでひどい見た目じゃないと思うけど、自己責任でお願いします。




ではまた、次の記事で。









DSC_0008
DSC_0006



カビの取扱説明書
浜田 信夫
2020-06-12