フヅキシチカひきこもりBLOG

こころの置き場所。

ゲーム

ゲームのことは分からない。ゲーセンのゲームはもっと分からないので、ゲームに関する感想は「レバーとボタンの操作が大変そう」というものになってしまう。

「ストリートファイターII」は聞いたことあるよ。

私からすれば、アニメの1期で小学生の女の子が一人でゲーセンに行くことがすごいと思う。格闘ゲームでエキサイトしてる連中の中によく行けるなぁ。

ゲームに関する感想はこの辺でやめておこう。分からないからね。


ハルオと大野さんと日高さん

ハルオと大野さんは小学生の頃からかわいい。
大野さんは無口なのに、ハルオは表情や態度で彼女の言いたいことが分かるんだよなぁ。
会話が成立してるのがおもしろい。かわいい。

そんな二人に日高さんが加わってもかわいそう。見てて痛々しい。

鈍感だと分かっている相手に、どんだけアプローチしても自分の気持ちに気づいてもらえない。
鈍感だからね。

ハッキリと気持ちを伝えたあとでないと、そういうふうには見てもらえないと思うけど遠回しなんだよね。怖いからね、ハッキリとは言えないね。

見てもらえたところで好きになってはもらえないと思うけど。

ハルオを見つめても不審に思われるだけでかわいいとは思われない。大野さんとの対比が余計にかわいそう。
造形的には大野さんと同じようにかわいいのにね。

最後はウジウジしてるハルオの背中を押してやってた。偉い!
髪を切っててスッキリだ。



ハルオと大野さんのラスボスは大野さんの親だね。大変だ。金持ちで、子供の気持ちなんて考えずに物事を進める人間だもんね。どうやって攻略するのか。

大野さんが逆らわずに従ってるだけで、自分の意見を言えばちゃんと受け入れてくれるのかなぁ。

とりあえず、二人が離ればなれになる前に気持ちを伝えられてよかった。
続きはあるのか?


おまけ

最終回前半でハルオの男友達2人が、ゲーセンに寄らずに帰るハルオを見送る場面。

土井「あいつはありのままであってほしいな。ゲームバカでいた方がキラキラしてんのに」
宮尾「お前は最近、キラキラしてねぇな。変な整髪料はやめたのか?」
土井「えっ?」
宮尾「俺は今のお前の方が好きだけどな」
土井「はぁ~~?」←頬染めてる!


おっ、BLか?



ではまた、次の記事で。




アニメのEND曲がいい。特に1期。「やくしまるえつこ」の曲。ハルオと大野さんもかわいい。

「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の「Rat-tat-tat」。

2019年の歌番組で「ZIP!」メンバーと踊ってた曲だ。

昨日、出会ってしまった。
曲も楽しいけど、映像がおもしろくて何度も見てしまう。

顔と名前が一致するのはドラマ「シャーロック」に出てた岩田剛典だけなんだけどね。



ではまた、次の記事で。




ストーカーに狙われているらしい新人看護師の佐倉(上白石萌音)。
いろんな所に佐倉をずっと見ていることが分かるメモが残されている。

絶対、退院のときに佐倉が「減塩食事BOOK」を渡した元患者だと思ったもん。

とうとう、直接佐倉に会いに来た。ストーカーともみ合いになる。そこへ  天堂先生(佐藤健)登場。

「佐藤健は剣心だから大丈夫」と思ったけど、「あ、これ剣心じゃない。医者だった。大丈夫かしら?」と思ったら大丈夫だった。かっこいい。

ストーカーから守れたと思ったのに、なんやかんやで佐倉がケガをして、なんやかんやでラストのキスシーン。きれいに撮れてた。よかった。



ではまた、次の記事で。




「るろうに剣心」のアクション、また見たいなぁ。

↑このページのトップヘ